-

店舗等で使う時誰しも体験したことがあるのではと考えますがレジの人がわからないためにどちらのレシートをカード利用者へ渡して良いのか迷う時があるのではないでしょうか。というのも、クレカを処理すると複数枚のレシートというものが出てくるからでして、この明細のどの紙をお客様の方に渡すべきなのか迷ってしまうということがあります。3枚1組の利用レシートの正体とは》上述の3枚の利用明細の正体は?ということの概要は、下の通りです。1お客様に保管してもらうレシート。2店舗控え用の利用明細。3クレジットカード会社控え使用レシート(サインを行う紙)。普段は当然カード利用者に対して渡さなければいけない利用明細を渡されるはずなのですが稀に別の使用レシートの方を利用者の方へ間違って渡すというという場合の他、署名された側の明細レシート自体を渡す重大なミスもあります。時間給スタッフに対してや、普段からクレジットカードというものが使われることの少ない店舗の会計でカードを使用すると、こういった従業員の困った姿を垣間見ることが出来るのではないでしょうか(笑)。いつか店舗従業員が誤ったレシートを渡そうとした場面では怒りを抑えて「違いますよ」と正してください。

Category

リンク