-

クルマを所有するあなたならば知っているはずですが、自動車税が徴収されます。

そしてこの税金は、手放す車の買い取りの際に普通に還ってくるお金なのです。

これというのは現実に実行したら直ぐに頭に入ってきますがこれから順に簡単に案内します。

ちなみに説明をすれば、国内で生産されたクルマに限らず外車などでも自動車税が還ってくる対象になってきます。

当然車もそうです。

自動車のオーナーが支払うものでこれはそれぞれの排気量で決められています。

1リッターより小さいのであれば29500円となり1リッターから1.5リッター以下までであれば34500円。

その後は500cc毎に5000円ずつ増えます。

自動車税は4月1日時点で車を所有している人が、その年度のお金を納付することになります。

つまり前払いということですから、クルマを引き取ってもらって所有者でなくなったケースなどは先に払った分の税額は還付されるんですね。

この税の場合は先払いで今年度の税金を納付するので、その翌年3月までの間に車を手放した際は、新たなオーナーがこの税を支払わなければいけないということになります。

買取先が買取専門店ならば、売却した際に自分が前払いしている分の金額を返金してもらえます。

要は所有権を手放した時より後の税額は権利が移ったオーナーが納税義務を負います。

例えばあなたが10月の間に愛車を引き取ってもらった場合は、11月以降翌年3月の間までの税金は戻ってくるのです。

それは、前述した通り自動車税という税金は一年分を先に支払っているという決まりによるものです。

ということは、売却者は買い取った相手に税を返還してもらうということです。

個人間でクルマを手放す場合、結構このような大事な事実に気付かない方がよくいるためきちんと忘れないようにしてください。

自動車税がクルマの売却で戻ってくることを意外に知っている人が少ないからと言って、そのことを悪用している悪徳業者もいます。

こちらから自動車税の返金について話を切り出さなければ、完全に自動車税のことに関して言わないという場面も頻繁に見られます。

そのため自動車の買取をする時には自動車税が返金されるか否かをチェックすることを怠らないようにする必要があります。

Category

リンク